10章 フランス: 「愛の賛歌《エディット・ピアフ


エディット・ピアフ

 エディット・ピアフの Edith Piaf - Hymne À L'Amour (愛の賛歌) - Legendado - (字幕あり)は、世界中で知らぬ人の無きラブソングである。

エディット・ピアフ If You Love Me - 愛の賛歌(英語版) -

 © YouTube

 エディット・ピアフの再来と呼び交わされているミレイユ・マチュー( Mireille Mathieu )の Hymne À L'Amour 愛の賛歌 は、エディット・ピアフの愛への激情を、より強く表現した。

ミレイユ・マチューの Hymne À L'Amour 愛の賛歌

 © YouTube


フランス・ギャル
 フランス・ギャル( France Gall )の 「夢見るシャンソン人形《( Poupee De Cire, Poupee De Son, 1965年)は日本でも大ヒットした。セルジュ・ゲンスブールが作詞作曲し、フランス・ギャルの理解力によって創唱した。

フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形《

 © YouTube


ダニエル・ビダル
 ダニエル・ビダル(Daniele Vidal)の「 LES CHAMPS-ELYSEES 《(オー)シャンゼリゼ はフランスに多大の貢献をもたらした。

ダニエル・ビダルの「オー シャンゼリゼ《

 © YouTube


キャロライン・コスタ

 キャロライン・コスタ(Caroline Costa)は、日本人が聞いたことのない雰囲気の歌声でバラードを歌う。

キャロライン・コスタとアブラハム・マテオ(Abraham Mateo)のデュエット - Without you -

 © YouTube


ダニエル・リカーリ

 ダニエル・リカーリ( Danielle Licari, 1943年11月11日~)は映画「シェルブールの雨傘《でカトリーヌ・ドヌーブの吹き替えで主題歌を歌っている。

ダニエル・リカーリの歌声~映画「シェルブールの雨傘《から

 © YouTube

 多くの人々が「なぜ神さまは世界の言葉を英語で統一しなかったのか《と問う。その答えはフランス語の響きの美しさにもあった。


トップページへ戻る